日本でチキンやスンドゥブが大人気に。韓国ドラマブームの影響で

1pt   2021-02-23 19:24
IT速報

75607999-s.png 1:田杉山脈 ★ 2021/02/22(月) 19:47:10.25 ID:CAP_USER

久しぶりに東京のコリアタウン新大久保を訪れた。新型コロナの影響で多くの地域では人通りが少ないが、新大久保はコロナ以前のように多かった。昼食の時間に韓国チキン店に入ったところ2階まで満席だった。

昨年から日本では韓国チキン店が増えている。もともと日本でチキンはクリスマスに食べる程度だった。日本には鶏の唐揚げがあるが、韓国のチキンとは違う。チキン専門店はケンタッキーフライドチキン(KFC)以外はほとんどなかった。

韓国チキン店が増えた理由の一つは韓国ドラマの人気のためだ。特に昨年日本で大ヒットしたドラマ『愛の不時着』の影響が大きい。『愛の不時着』では主人公ユン・セリ(ソン・イェジン)がチキン好きで、北朝鮮から来た中隊長のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と部下の中隊員も韓国チキンの魅力にはまる。

◆「若者の韓流ファン、韓日関係を気にせず」 …
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   オ~るアンテナトップページへ
の話題が沢山。