アルバイト(50)「山本太郎の言葉を聞いて、涙が溢れてきた。彼に託すしかない。」

3pt   2019-09-11 21:20
芸能ネタはこれだけでおk

4b1138c2.jpg

1: 2019/09/11(水) 06:59:08.04 ID:mmRlxAuu 非正規の仕事を転々とし、神経を擦り減らし、体調も崩した50代の男性。

山本氏の言葉を聞くうち、涙があふれてきた。
通帳の残高は5万円ほどしかなかったが、その中から1万円をれいわに寄付した。

「生活は苦しいけど、彼に託すしかないと思った。だってぼくを勇気づけてくれたのは、彼だけだから。」

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5906265&name
   オ~るアンテナトップページへ
の話題が沢山。