【悲報】福井県の幸福度日本一、実は「嫁の犠牲」の下に成り立っていることが判明・・・地元紙が問題提起

1pt   2019-08-14 08:00
ライフハックちゃんねる弐式

11849b61.jpg

「幸福度日本一」の福井県。それは「嫁の犠牲の下に成り立っている。近所や親戚に見張られている感じがする」。60代女性「女性が一生懸命働いて、家計を支えて、家のことをするのが当たり前」。お盆で帰省する人が多いタイミングでこの問題提起。福井新聞攻めてる。https://t.co/OV5QNUs301

— 松岡宗嗣 (@ssimtok) August 12, 2019

一部抜粋

▽「無償の労働」前提

 「幸福度日本一の福井県。聞くたびに違和感しかありません」。ある60代女性は「女性が一生懸命働いて、家計を支えて、家のことをするのが当たり前。女性にとっては不幸度日本一の県」と「男女不平等」を痛烈に批判した。共働き率日本一の福井を支える女性たちからの「不幸せ」の訴えが目立った。

 福井市の30代女性は「夫や子ども、義理の両親、家、地域のためならば、嫁は無償でいくらでも労働力を提供するのが前提で社会が成り立っている。喜んでやっていると思われているのでしょうか」と、社会の風潮に異を唱える。

 結婚2年目で不妊治療をしている同市の女性は「『子育て支援』という言葉を見聞きするだけで落ち込む」と吐露。鯖江市の30代女性は「出会う人みんな『子どもは?』と質問してくる。いろいろな生き方を認めてほしい」と願った。

全文はソースで↓
福井の社会「嫁の犠牲の下に成立」2019年8月11日 午前11時45分
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/912759
c?ro=1&act=rss&output=no&id=3258269&name
   オ~るアンテナトップページへ
の話題が沢山。