沖縄・石垣島の人気ラーメン店が「日本人お断り」を決断 マナー悪化に我慢の限界

5pt   2019-07-12 14:40
ラビット速報

1::2019/07/12(金) 12:50:22.51 ID:X0cnlIfa0 BE:844481327-PLT(13345)
日本人のお客様はお断りしています」−。石垣市中心市街地のユーグレナモール内にある人気ラーメン店が7月1日から、観光客と常連客を含む日本人客の入店を拒否している。

観光繁忙期の9月までの3カ月間だが、商店街には衝撃が走る。同店によると、日本人観光客のマナー悪化に伴うもので、収益減を覚悟した上での苦肉の策。
石垣市への入域観光客数は年々増加傾向にあり、「量より質への転換」の議論に一石を投じることになりそうだ。

■ルール違反に限界

「日本人お断り」を始めたのは「麺屋 八重山style」。
ことし7月で創業7年を迎えた人気店。席はカウンターのみで8席ある。券売機制で▽客1人につき1杯の麺類を注文▽乳幼児お断り−がルール。
店舗入り口に明記している。

日本人観光客が乳幼児を連れて来店したときのこと。
バイトが「1人1杯なので」と「お断り」を告げると客は激怒。
「奈良から来たのに。駐車場料金も300円払った」「どんな商売しとるんだ」などと詰め寄られた。

持ち込み禁止にもかかわらず飲み物を持参した大学生に注意したところ、「店内には書かれてないからOKでしょう」と屁理屈で返されたことも。

「日本人観光客のマナーは年々悪くなっている」。店長の有馬明男さん(42)は現在、バイトは採用しておらず1人で切り盛り。
日本人観光客がルール違反することに我慢の限界を超えた。

「日本人は『お客様は神様』だと思っている。マナーの悪い観光客に迷惑を受けている人は多いので、こういうアクションを起こしてもいいと思った」と決断の理由を語り、
「常連客には申し訳ないと思う。売り上げも減るが、精神的、体力的にも限界だ」と理解を求めている。

■「量はもう必要ない」

商店街の反応はどうか。店舗を営む女性の一人は「商店街の同じ仲間としてびっくりしている。思わず2度見した」と振り返り、
「観光客相手に頑張っている者として、お断りは好ましくない。商店街のイメージダウンになる可能性もある」と指摘する。

一方で「日本人に限らず、質の悪い観光客は来ないでほしい」と本音も。「石垣市は観光客の量を確保して質を上げる方針とは思うが、量はもう必要ない。観光客の質が重要だ」と強調した。

市は、観光基本計画で2020年までに入域観光客数の目標を150万人に設定しつつ、「量」から「質」への転換を図ろうとしている。
21年度の改訂に向け、来年度に中身を検証する。

観光文化課の仲大底まゆみ課長は「観光客一人ひとりの常識的な心得も必要。これは新たな課題だと思う」と話している。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/35545/

cfa04d46.jpg





2::2019/07/12(金) 12:51:32.07 ID:yrQv8ceG0.net
もう辞めたら?




3::2019/07/12(金) 12:51:54.70 ID:Vvcb7OJ70.net
そして誰もいなくなった




c?ro=1&act=rss&output=no&id=4687508&name
   オ~るアンテナトップページへ
の話題が沢山。